消化器センタートップ > 研究・発表 > 臨床研究内容

臨床研究内容

腹腔鏡補助下大腸切除術 新たなる境地へ―Reduced Port Surgery

腹腔鏡補助下大腸切除術(LAC)

腹腔鏡補助下大腸切除術(LAC)は開腹手術と比較して低侵襲である。中でも手術に用いるポート数の減少や細径化(3mm鉗子など)を図ったReduced port surgery(RPS)は、さらに低侵襲性や整容性を向上させた術式として注目されている。

当センターでは従来5~12mmポートを用いて、右側結腸では4点ポート、左側結腸・直腸では5点ポートを標準術式としてきたが、2009年より回盲部切除術及びS状結腸切除術を中心にRPSを導入した。鉗子と腹腔鏡が干渉しやすく、術野展開にも工夫が必要なため熟練の技を要求されるが、平均手術時間、出血量、術後合併症に有意差はなく、術後在院日数は有意に短縮がみられた。RPSはLACと比較して手術のQualityを保ちつつ、低侵襲手術の意義が認められた。今後も積極的に導入していきたい。

(向井 俊平・大本 智勝)