消化器センタートップ > 研究・発表 > 臨床研究内容

臨床研究内容

胆膵内視鏡治療の最前線

低侵襲医療に対するニーズが高まるなか、胆膵疾患診療においても大腸や上部消化管と同様、内視鏡による治療が増加しております。

図 シングルバルーン内視鏡を用いたマルチステンティング

胆管結石に対する内視鏡的経乳頭的治療のうち、内視鏡的乳頭括約筋切開術(Endoscopic sphincterotomy: EST)は最も標準的な手技となっておりますが、最近では特に除石困難症例に対して消化管用の大きなバルーンを用いたEPLBD (endoscopic papillary large balloon dilation) が試みられるようになりました。内視鏡的胆道ステント留置術は、病態や部位によってplastic stent (PS) と metallic stent (MS) が使い分けられておりますが、最近では各種MSが開発され必要があればマルチステンティングも容易に施行可能となっております。さらに術後再建腸管、特にRoux-en-Y再建症例に対するERCPは、これまでは非現実的な手技と
されておりましたが、バルーン内視鏡の登場により一挙にルーチン手技に近づいております。当院では最新のバルーン内視鏡を用いることにより、EPLBDやステンティングなども積極的に行っております。

さらに症例を重ねて、大腸や上部消化管に続いて世界をリードできるような分野に育てていきたいと思っております。

(良沢 昭銘)