消化器センタートップ > 個人情報の保護に関する規程

個人情報の保護に関する規程

第1条(目的)

この規程は、昭和大学横浜市北部病院消化器センター(以下当消化器センターと称する)が発行する、ないしは発行に関与するメディア(昭和大学横浜市北部病院消化器センターホームページ、横浜北部臨床消化器研究会誌等)が保有する個人情報に関して、適正な取り扱いを図るために定めたものである。

第2条(定義)

この規程において個人情報とは、当消化器センターの受診者および家族、当消化器センターにおいて診断・治療をはじめとする医療行為を 為す医師、看護師をはじめとする医療者およびこれに準ずる者に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいう。

第3条(利用目的の特定)

当消化器センターは、個人情報の取り扱いに際しては、教育・研究・診療およびその他の業務に必要な範囲内で利用目的を特定する。

第4条(利用目的外の利用)

当消化器センターは、個人情報を利用目的外に利用する場合は、原則として本人の同意を得る。

第5条(適正な取得)

当消化器センターは、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得する。

第6条(取得時の利用目的の通知)

  1. 個人情報の取得に際しては、利用目的を本人へ通知または公表する。
  2. 利用目的の変更があったときは、本人へ通知または公表する。
  3. 第1項および前項における通知または公表は、配付文書、ホームページ、広報誌、横浜北部臨床消化器研究会会誌、施設内掲示等の方法による。

第7条(安全管理措置)

当消化器センターは、保有する個人情報の漏洩、改ざん、破壊、紛失、不正使用等の防止のために必要かつ適正な安全管理措置を講じる。

第8条

当消化器センターは、個人情報の保護推進を目的として「個人情報保護管理者」をおく。主たるメディア(昭和大学横浜市北部病院消化器センターホームページ、横浜北部臨床消化器研究会誌)の編集委員長が保護管理者を兼務する。そのもとに、個人情報に係る重要事項の審議、保護に係る業務推進、保護および適切な管理運営・必要な教育等を行う。また、個人情報の取り扱いに関する相談・苦情申出について、適切かつ迅速に対応する。

第9条(廃棄・消去)

当消化器センターは、保有する必要がなくなった個人情報を確実かつ迅速に廃棄または消去を行う。

第10条(委託管理)

当消化器センターは、個人情報の取り扱いの全部または一部を委託する場合は、当該契約において、委託先の個人情報の適正な取り扱いと責任を明確にし、必要かつ適切な監督を行う。

第11条

個人情報を第三者へ提供する場合は、原則として本人の同意を得、かつ、当該第三者の個人情報の適正な取り扱いと責任を明確にし、そのために必要かつ適切な監督を行う。なお、本人から求めがあった場合は、当該個人情報の第三者への提供を停止する。

第12条(通知・公表等)

当消化器センターの保有する個人情報に関する、利用目的・開示・訂正・利用停止・消去・相談・苦情申出の手続等について、配付文書、当ホームページ、横浜北部臨床消化器研究会誌広報誌、施設内掲示等の方法により公表する。

第13条(情報の開示)

当消化器センターは、本人から個人情報の開示を求められた場合は、法令、教育、医療の状況等を勘案して可否を決定し、必要な措置を講じ、その結果を本人に通知する。ただし、要求に応じない場合は、本人に対しその旨および理由を通知する。

第14条(情報の訂正)

当消化器センターは、本人から個人情報についての訂正の要求があった場合は遅滞なく調査し、必要な措置を講じ、その結果を本人に通知する。

第15条(利用停止・消去等)

当消化器センターは、本人から個人情報の目的外利用、不正取得を理由とする利用停止・消去等の要求があった場合は、遅滞なく調査し必要な措置を講じ、その結果を本人に通知する。ただし、要求に応じない場合は、本人に対しその旨及び理由を通知する。

第16条(職員等の責務)

  1. 当消化器センターの職員その他関係者は、業務上取得した個人情報に関し、漏洩、改ざん、破壊、紛失、不正使用をしてはならない。また、当消化器センターを退職後も同様とする。
  2. この規程に違反した場合は、本法人の就業規則による措置をとることができる。

附則

  1. この規程は、平成25年6月1日から施行する。
  2. この規程の改廃は、当消化器センターホームページ編集委員会の承認を要するものとする。