消化器センタートップ > 研究・発表 > 学術発表会

学術発表会

横浜北部臨床消化器研究会

横浜北部臨床消化器研究会

この研究会は、当センター発足の中で最も重視された研究会である。
例年の年末に開催、その年の医局員の主な臨床研究の結果を一般演題として発表し、1年の臨床研究の経過と
発展を振り返るという目的で工藤教授が提唱した研究会である。関連病院、法人会員の先生方、病診連携の
中でご支援頂いている地 域の先生方にも出席頂き、当センターの1年の業績報告も行う。さらには、全国的に
著名な先生方にも特別講演というかたちでご講演頂き、医療界・医学界の大きな流れを学ぶという点でも
医局員は恩恵を受けている。

この年末の研究会は、その年度を振り返り(忘年会)、新しい1年を望む(望年会)に引き継がれる。
これには看護師・放射線技師はもちろん、絶えず協力してくれる企業の方々にも参加頂く。
当 研究会の会誌の創刊号は 2003 年に創刊号、2006年4月に第2号、2007年2月に第3号が出版されており、
以降毎年発刊されている。

チラシ/資料等

横浜北部臨床消化器研究会会則(PDF)