消化器センタートップ > ニュース

ニュース

イベント2019.05.17 掲載【工藤教授メディア出演のお知らせ】NHKワールド「Medical Frontiers」

5月21日(火)NHKワールドの番組「Medical Frontiers」に当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします。
国際放送ですが、国内からはインターネット上からご覧頂けます。

【放送日時(日本時間)】
5月21日(火)00:30 —0 1:00 *20日(月)24:30ー25:00
        06:30 — 07:00
        12:30 — 13:00
        18:30 — 19:00

☆上記の時間帯では、下記のページからリアルタイム放送を視聴できます。

(ストリーミング配信)
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/

☆海外の方へのタイムスケジュールのご紹介ページ
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/medicalfrontiers

☆放送後、1年間、NHKワールドのオンデマンドにて無料で視聴できます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/medicalfrontiers/

イベント2019.05.09 掲載第16回拡大内視鏡研究会

下記日程にて「第16回拡大内視鏡研究会」が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしております。

■日時: 2019年9月14日(土)
■会場:ベルサール汐留
〒104-0061
東京都中央区銀座8-21-1住友不動産汐留浜離宮ビル

研究会ホームページ

拡大内視鏡研究会

“The 16th Annual Meeting of the Extended Endoscopy research society” will be held on September 14th, 2019 in Tokyo.

We’d sincerely appreciate your participation.
website

イベント2019.05.07 掲載第29回大腸IIc研究会

下記日程にて「第29回大腸IIc研究会」が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしております。

■日時: 2019年9月15日(日) 8:55 ~ 17:00(予定)
■会場:ベルサール汐留
〒104-0061
東京都中央区銀座8-21-1住友不動産汐留浜離宮ビル

研究会ホームページ

大腸Ⅱc
“29th Annual Meeting on Depressed Colorectal Cancer” will be held on September 15th, 2019 in Tokyo.

We’d sincerely appreciate your participation.
website

イベント2019.03.14 掲載3/15(金)7:20~テレビ朝日グッド!モーニング「金曜ニュースウォーカー」コーナーに当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします

放送日時:3月15日(金)7:20~7:23 
※朝7:20分ごろから10分程下記内容の特集を放映予定

番組名:グッド!モーニング(テレビ朝日)
      「金曜ニュースウォーカー」コーナー

内容:AI搭載内視鏡機器エンドブレインについてインタビュー

是非、ご覧ください。

イベント2019.02.26 掲載横浜市北部病院消化器センター長の工藤進英特任教授らがAIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェア実用化の記者発表を行いました

2月25日、本学 横浜市北部病院消化器センター長の工藤進英特任教授、森悠一講師(同)、名古屋大学大学院森健策教授(情報学研究科知能システム学専攻)とサイバネットシステム株式会社らを中心とした研究グループにより開発され、オリンパス社により市販化される「AIを搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウェア『EndoBRAIN®』発売」について記者発表を行いました。
本ソフトウェアは超拡大内視鏡で撮影された大腸内視鏡画像を人工知能(AI)が解析し、診断結果(腫瘍または非腫瘍の可能性)を数値で表示します。 約60,000 枚の内視鏡画像を学習させ、大量データを利用し機器がリアルタイムで判断する人工知能を実装しました。
検査においてはNBI(狭帯域光観察(Narrow Band Imaging=NBI))観察・染色観察の2 種類を搭載し、検査中のさまざまな場面においてAI による支援が可能になります。NBI 観察で得られる血管像や、染色観察で得られる細胞核の画像をAI が解析し、腫瘍・非腫瘍の可能性を数値で表示することで、診断の速度および精度の飛躍的な向上を支援します。
本ソフトウェア導入により、医師の検査への負担軽減のみならず、病理検査時間の短縮、手術件数の減少による患者の負担軽減および医療費の削減が期待されます。
報道関係者からの質疑においては、医療現場でのニーズについて質問が寄せられ、研究者から「内視鏡医師は約半数が非熟練医であり、診断のサポートを必要としている。ただ、病理知識の熟練度にかかわらず、AIが医師の診断の後押しとなることを期待したい」と説明がされました。

【NHK NEW WEB】記事はこちら
【オリンパスグループ企業情報サイト】記事はこちら

イベント2019.02.08 掲載2月10日(日)『BS朝日 命を救う!スゴ腕ドクター15』に当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします

【番組概要】
命を救う!スゴ腕ドクター15 ~がん最新治療&手の痛み~
重い病気、つらい症状が出た時、頼りになるのが日々患者のために闘う医師たち。そんな医師の中には卓越した技術を持つ“名医”がいる―。患者のために全力で闘う“スゴ腕のスーパードクター”たちに密着する、シリーズ第15弾!

■大腸がん
昭和大学横浜市北部病院 消化器センター長 工藤進英 医師
がんの中で患者数が最も多い「大腸がん」。命を失わないためには早期発見が何より重要だ。昭和大学横浜市北部病院の工藤進英医師は、これまでに30万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきたエキスパート。痛みのない内視鏡の検査法を考案し、「大腸検査のゴッドハンド」と呼ばれている。さらに多くの患者を大腸がんから救うため、最新のAI診断の開発にも挑んでいる。
(番組HPより)

【放送日時】2019年2月10日(日)午後9:00~10:54

『BS朝日 命を救う!凄腕ドクター15』~がんの最新治療&手の痛み~

イベント2019.02.05 掲載共同通信社に当院消化器センター工藤センター長の記事が掲載されました

当院消化器センターの工藤進英センター長が共同通信社に掲載されました。
記事では、AIを搭載した病気の診断を支援する医療機器について紹介されています。

【共同通信社】記事はこちら

イベント2019.01.17 掲載『日経メディカル』に当センターの工藤進英教授らが開発を進めてきた「EndoBRAIN(エンドブレイン)」についての記事がに掲載されました

掲載内容についての詳細は以下のページをご覧ください。

【日経メディカルヘルス】(無料)内視鏡画像からAIが腫瘍を識別、その実力は?国内初承認の診断支援プログラムが年内発売へ

【日経メディカルオンライン】トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定
※こちらは会員登録の必要なサイトであり、会員の方のみ読む事が出来る記事です。会員でなければ途中までしか読む事が出来ませんことを予めご承知おきください。

イベント2018.12.10 掲載【プレスリリース】AIを搭載した内視鏡診断支援プログラムが承認 –医師の診断補助に活用へ–

昭和大学横浜市北部病院消化器センターの工藤進英教授らが開発を進めてきた人工知能(AI)内視鏡画像診断支援ソフトウェア(EndoBRAIN(R))が、国内5施設で実施した臨床性能試験を経て、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器等法)」に基づき、クラスIII・高度管理医療機器として12月6日に承認を取得したことを受け、本日(12月10日)学校法人 昭和大学、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)、国立大学法人 名古屋大学、サイバネットシステム株式会社においてプレスリリースを行いました。

【大学プレスセンター】記事へ

大腸がんは日本人女性のがん死亡数の1位、男性でも3位と近年増加傾向であり、効果的な対策が求められるがんであります。その対策として、大腸内視鏡で早期がんや前がん病変である腫瘍性ポリープを切除することで、大腸がんによる死亡を大幅に減らせることが知られています。一方でポリープの中には、切除する必要のある腫瘍性ポリープと切除する必要がない腫瘍ではないポリープ(非腫瘍性ポリープ)があり、医師は検査中に両者を的確に判別する必要があります。
このような内視鏡診療を支援する目的で、昭和大学横浜市北部病院消化器センターは、名古屋大学大学院情報学研究科の森健策研究室(自動診断エンジン開発)及びサイバネットシステム株式会社と連携して、内視鏡画像を解析し、医師による診断を補助するAIを2013年より研究・開発してきました。今回開発を進めてきた内視鏡画像診断支援ソフトウェア(EndoBRAIN(R))が、国内5施設(昭和大学横浜市北部病院、国立がん研究センター中央病院、国立がん研究センター東病院、静岡県立静岡がんセンター、東京医科歯科大学附属病院)による臨床性能試験を経て、医薬品医療機器等法に基づき、クラスIII・高度管理医療機器として承認(承認番号:23000BZX00372000)を取得いたしました。

AIを搭載した内視鏡診断支援プログラム概要図

なお本研究開発は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)医療機器開発推進研究事業「大腸がん抑制を可能とする、人工知能にもとづく内視鏡診断支援ソフトウェア」(研究開発代表者・工藤進英)の支援を受けて実施されました。

 

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人 昭和大学 総務課 広報担当
TEL: 03-3784-8059

イベント2018.11.12 掲載小学館 『週刊ポスト』に横浜市北部病院消化器センター長 工藤特任教授の記事が掲載されました。

小学館 『週刊ポスト』に横浜市北部病院消化器センター長 工藤特任教授の記事が掲載されました。

がん「ステージ0」で見つかった!
「超・早期発見」検査術
驚きの発見率!
発見・治療は早いほうがいい、でも人間ドッグでは分からない
予防医療の劇的な進化が、治療の概念そのものを変えつつある。薬や手術で病気を直すのではなく、「病が体を蝕む前段階」のうちに発見し、その目を摘む——そんな《超・早期発見》の検査が受けられるようになってきている。
(週刊ポストHP参照)

Yahoo!JAPANニュース
Yahoo!JAPANニュースでの横浜市北部病院消化器センター長 工藤特任教授の記事はこちら
【大腸がんのゴッドハンド医師】

イベント2018.08.03 掲載【プレスリリース】大学プレスセンターに当センターが名古屋大学と共同開発した 人工知能(AI)による大腸内視鏡検査支援システムについての記事が掲載されました

内視鏡検査で大腸ポリープ・癌を自動検知する人工知能(AI)を開発 — 昭和大学・名古屋大学の医工産官連携研究 –

昭和大学横浜市北部病院消化器センター(工藤進英センター長)と名古屋大学大学院情報学研究科(森健策教授)が共同で開発した人工知能(AI)による大腸内視鏡検査支援システムは、ポリープ・癌をリアルタイムで検知し、医師による病変の発見をアシストするシステムです。このAIによって、微小癌や前癌病変を見落とすリスクを低減し、大腸癌による死亡を抑制することが期待されます。この研究成果は、昭和大学三澤将史講師らにより、米国消化器学会誌である『Gastroenterology』誌の2018年6月号に掲載されました。病変を自動検知する大腸内視鏡AIの論文報告は医師として世界初となります。

【大学プレスセンター】記事へ

AI プレスリリース 画像 教授三澤先生

Gastroenterology

本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)8K等高精細映像データ利活用研究事業(研究代表者・工藤進英)およびJSPS科研費 JP17K15971の支援を受けて実施されています。

●論文掲載ページ
https://www.gastrojournal.org/article/S0016-5085(18)30415-3/fulltext

●名古屋大学大学院情報学研究科森健策研究室HP
http://www.suenaga.cse.nagoya-u.ac.jp/wiki/index.php?%BF%B9%B8%A6%B5%E6%BC%BC

本件に関する問い合わせ先
学校法人 昭和大学 総務課 広報担当
TEL: 03-3784-8059

イベント2018.08.03 掲載【8月11日(土)・8月18日(土)】『この国の行く末2』に消化器センター工藤進英センター長が出演します

平成30年8月11日(土)・8月18日(土) 「BS-フジ『この国の行く末2』」
当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします。
是非、ご覧ください。

放送日時 (全2回):
平成30年8月11日(土) 18:00~18:30
平成30年8月18日(土) 17:30~18:00

【BS-フジ『この国の行く末2』】番組ホームページ:https://konokuni.jp/

この国の行く末2

イベント2018.05.17 掲載『日経Gooday』に当院消化器センター工藤センター長の記事が掲載されました

掲載内容についての詳細は以下のページをご覧ください。

消化器センター 工藤センター長の特集
【便検査が見逃す「大腸がん」を超早期に見つけるなら内視鏡!
第3回 世界の最先端を走る日本の内視鏡検査は「受けなきゃ損」】

※こちらは会員の方のみ読む事が出来るものです。会員でなければ途中までしか読む事が出来ませんことを予めご承知おきください。

日経Gooday

イベント2018.05.15 掲載第15回拡大内視鏡研究会

下記日程にて「第15回拡大内視鏡研究会」が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしております。

■日時: 2018年9月15日(土)
■会場:ベルサール半蔵門
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-6-4
住友不動産半蔵門駅前ビル2F

研究会ホームページ

拡大内視鏡研究会

“The 15th Annual Meeting of the Extended Endoscopy research society” will be held on September 15th, 2018 in Tokyo.

We’d sincerely appreciate your participation.
website

イベント2018.05.14 掲載第28回大腸IIc研究会

下記日程にて「第28大腸IIc研究会」が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしております。

■日時: 2018年9月16日(日) 8:55 ~ 17:00(予定)
■会場:ベルサール半蔵門
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-6-4
住友不動産半蔵門駅前ビル2F

研究会ホームページ

大腸Ⅱc

“28th Annual Meeting on Depressed Colorectal Cancer” will be held on September 16th, 2018 in Tokyo.

We’d sincerely appreciate your participation.
website

イベント2018.05.10 掲載7月28日(土)「医局説明会」開催

初期臨床研修医・後期臨床研修医の方々を対象とした「医局説明会」を2018年2018年7月28日(土)に開催いたします。
是非ご参加ください。

20180419_2018医局説明会ちらし

お申し込み・詳細ページ

イベント2018.05.10 掲載レジナビフェア 2018 (東京) に参加致します

当消化器センターが民間医局レジナビフェア2018東京 〜後期研修(専門研修)プログラム〜 に参加致します。

■レジナビフェア2018東京 〜後期研修(専門研修)プログラム〜
2018年6月17日(日) 12:00〜17:00 東京ビッグサイト 東1ホール

レジナビポスター_2018案

レジナビフェアHP
当センター紹介ページ

イベント2018.04.17 掲載「春の見学会」 実施中!!!

来年度の後期臨床研修医の方々を主対象とした見学会を実施中です。
お気軽にご参加ください。

期間:2018年3月26日(月)〜6月11日(月)

20180213_見学会ちらし

お申し込み・詳細ページ

イベント2018.04.16 掲載4月21日(土)『夢の鍵』に当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします

平成30年4月21日(土) BS-TBS『夢の鍵』に当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします。
皆さま、ぜひご覧ください!

BS-TBS 「夢の鍵」
放映日時:平成30年4月21日(土)17:30~18:00

2018-4-21夢の鍵

夢の鍵 番組ホームページ
番組HPより:「大腸がんの名医が取り組む最新医療」
大腸がんの名医が取り組む最新医療 大腸内視鏡治療の権威としてあまりに有名なのが工藤進英医師だ。
通常なら見逃してしまいそうな大腸がんを見つけ出すだけでなく、通常なら20分以上はかかる内視鏡検査や治療が工藤医師の手にかかると3分の1で済むという。
神の手のようにメディアで取り上げられることも多い。
その工藤さんが力を入れているのが最先端技術への取り組みだ。
今では多くの病院で使われている100倍の拡大内視鏡をオリンパスと共同開発したのも工藤さんだった。
この内視鏡で発見が難しい『陥凹型ガン』を見つけ出し、海外で初めて発表し脚光を浴びた。
今、工藤さんはその5倍に当たる500倍超拡大内視鏡を使った治療に踏み出している。
がん細胞の核まで見える内視鏡の画像で診断すれば、精度が上がるはずだ。
しかも、この画像をAIに覚え込ませて診断に使えば、経験の少ない医師でも見落としがなくなるのではないか…。
工藤医師の大腸がん治療最前線を追った。

イベント2018.03.29 掲載3月31日(土)『驚き!人体解明ヒストリー』に当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします

平成30年3月31日(土) 『NHK 驚き!人体解明ミステリー』に当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします。
是非、ご覧ください。

NHK タモリ×山中伸弥「驚き!人体解明ヒストリー」
日時:平成30年3月31日(土) 19:30~

大反響のNHKスペシャル「人体」で司会を務めたタモリ×山中伸弥の名コンビが再登場!東京・国立科学博物館で開催中の特別展「人体」に集結した、人体解明の歴史を彩るお宝の数々に驚嘆しながら、過去の偉大な科学者たちの驚きのエピソードをひもといていく。天才ダ・ヴィンチがひそかに書き残した500年前の驚異的な解剖図から、最先端の体内透視映像の制作秘話まで、驚きと発見が満載!

平成29年12月6日記事より
平成30年1月14日(日)『NHKスペシャル「人体」』に当院消化器センター工藤進英センター長が出演いたします。
是非、ご覧ください。

【NHK総合】NHKスペシャル | シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワークプロローグ
【第 4 集万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった】
番組ホームページ
放送日:2018年1月14日(日) 21:00~21:49 (49分)

番組HPより:花粉症に食物アレルギー…現代人に広がる悩ましいアレルギーを根本解決するカギが、
あなたの腸と無数の腸内細菌との間で交わされる“会話”にあることがわかってきた。
親から子へ受け継がれる「健やかな腸の会話」とは?